月別アーカイブ: 2015年6月

宅地建物取引士と貸金業務取扱主任者

今日はジョイエス立花です。

不動産業務における宅地建物取扱主任者の名称が平成27年4月より宅地建物取引士に名称変更されたそうです。

取扱主任者を士業にする事により一層取引に対する責任を強化しお客様に不利益を与えない様にする為の改正だと思われます。

不動産取引には取引士は欠かせない存在だと世間一般には浸透していますが、貸金業にも不動産取引における取引士の業務を担当する貸金業務取扱主任者が居ます。

なじみは薄いですが貸金業務に従事する者が50名以下の会社には必ず1名従事しなければならず、各営業所には必ず人数に応じ従事し法令順守、顧客情報の管理、反社会勢力による被害防止、お客様の利益保護等、貸金業務を適正に行う為に頑張っております。

貸金業務取扱主任者も不動産における宅地建物取引士の様に幅広く活躍しお客様の利益保護に尽力し業界団体の底上げ、社会一般の認知度を上げて行かなくてはいけないなと今回の法改正を見て思いました。

梅雨時期で天気、気温の変化が激しいですが皆様体調管理にはお気をつけください。

本日は最後までご覧いただき有難うございました。