公図の取得方法

こんにちはジョイエス立花です。

前回は私共不動産を担保にする金融業者の公図の必要性をお話しましたが、今回は意外とわかりにくい公図の取得方法を簡単に説明します。

まず公図は謄本等を取得する法務局で取れます。

基本は不動産の所在地を管轄する法務局で取れますが土地の地番がわかる場合には最寄の法務局で取得出来ます。

公図の取得に際し困るのは地番がわからない事です。

住所と地番が違う土地は住所を記入しても取得出来ません。

住所と地番が同一の場所も多いですが、住居が多い場所では住所と地番が違う場所は多数存在します。

権利証などに記入されている場合もありますのでまず権利証を確認して見てください。

わからない場合には管轄する法務局に行き供えつけの地図から公図番号を調べる方法もありますがわかりにくいので法務局の窓口で住所を伝え公図を取得したい事を伝え取得方法を教えていただくのが一番早いと思います。(管轄外ですと教えていただくのは難しいと思います)

次に取得の為の用紙ですが備え付けの地図・地積測量図等の証明書、閲覧請求書を選択し住所、氏名、地番等を記入し証明書にレ点を打ち地図・地図に準ずる図面(公図)にレ点を打てば取得出来ます。

上記わかりにくい場合には管轄法務局にて住所を伝え公図を取得したい事を伝えますと取得方法を指示していただけると思います。

以上公図の取得方法をわかる範囲で記入してみました。

取得の際に少しでも参考になれば幸いです。

また次回も不定期に更新します。

最後までお読みいただき有難うございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>